そしてViva con Aguaの卓球

卓球ラウンドトリップのトーナメントでエチオピアの飲料水供給に貢献しよう - 聞こえがいいでしょう?そして本当に抜群のアイディアなのです。そこで、このプロジェクトと、発起人たちを紹介したいと思います。

Viva con Aguaとはいったい誰なのでしょう? 何なのでしょう?

Viva con Agua de Sankt Pauli e.V.というのは、世界中の人たちが清潔な飲料水にありつけるよう活動している非営利団体のグループです。この目標を達成するため、このグループは飲料水プロジェクトを促進するほか、国内外であらゆる推進アクションを実施し、同時にたくさんの人たちとスポーツの喜びを分かち合っています。

Viva con Aguaはどのように生まれたのでしょうか?

ハンブルクのサッカーチームFC St. Pauliのサッカー選手、ベンヤミン・アドリオンがこのプロジェクトの発起人です。彼のチームは2005年にキューバにあるトレーニングキャンプで合宿をしました。ここで初めて、飢餓のない世界を求めるプロジェクトWelthungerhilfeをサポートしたいという願いが生まれました。そしてこの枠内でハバナの幼稚園に飲料水を寄付していくことになったのです。そこでこのサッカーチームはパーティやコンサート、講演会などを通じて寄付金を集め、キューバでのプロジェクトをサポートしてきました。ここからさらに、このプロジェクトだけで終わらせず、同じコンセプトでもっと多くのプロジェクトを成功させていこうということになりました。

ドイツでは、Viva con Aguaのミネラルウォーターボトルはスーパーマーケットなどでかなり有名になりました。これもこのサッカーチームの貢献の一部です。でも一番中心にあるのは、音楽、スポーツ、アートイベントなどを通じて、私たちほど恵まれていない国々が置かれている飲料水をめぐる厳しい状況をなるべくたくさんの人に知ってもらうこと、そしてこうしたイベントの入場料やそこで集めた寄付金をもとに飲料水プロジェクトをサポートすることです。

Viva con Aguaがその使命と抱負をビデオで語っています:

Viva Movimiento #6 – 卓球ラウンドトリップトーナメント

私たちがここで皆さんに見ていただきたいのは中でも、この前ケルンで Viva con Aguaのグループが催したViva Movimiento #6 卓球ラウンドトリップトーナメントです。

このイベントは2018年の5月5日(土)にケルンのエーレンフェルトで行われます。

ケルンの近くに住んでいて、卓球台を回りながらの卓球プレーを披露したい人、ほかの強いチームと力比べをしてみたいと思う人たちは、ぜひ5月5日に参加してください。和やかな雰囲気で楽しむラウンドトリップの卓球は楽しさ抜群です。そして、トーナメントの後にはアフターショーパーティが待っています。

このトーナメントは今回で6回目を迎えます。2017年には4人ずつのチームが32も参加しました。あなたも、参加しませんか?デュッセルドルフでも卓球人口が多いと聞いています。デュッセルドルフならケルンからすぐそばです。;)

参加申し込みの手続きやその他の詳細は、こちらをご覧ください:http://www.vca-koeln.de/rundlauf/

ただし、この呼びかけはあなた方のグループのアマチュア選手に限ります。トーナメントはあくまでもファン・イベントであり、クラブメンバーでQ-TTRレーティング値が1,400以上の選手は、参加できません。プロの選手はもちろん、応援やコーチとしてどうぞお越しください。

Viva con Agua、そして参加者全員に活気あるトーナメントとすばらしいイベントを祈ります。

© 写真: Steffen Z Wolff